医療脱毛で水ぶくれができることがある?

医療脱毛 VIOに限らずサロン脱毛でも、施術時の照射パワーが高くなることで、やけどや水ぶくれ、炎症などのトラブルをお肌に起こすことがあります。クリニックでは、事前にテスト照射を行い、医師が直視あるいは写真などでお肌の状態を確認するのです。トラブルが起こらないようになっていますが、出力が高いため施術を受ける方によっては、強く反応が出てしまうこともあるでしょう。

医療脱毛ではこういった時も適切なケアで対応可能です。抗生物質の服用や、塗り薬の処方など、施術を受けたクリニックで治療できるのです。サロンでは、ドクターサポートが受けられる所も増えていますね。しかし、その場で薬の処方などはできませんので、やはりクリニックは安心感が高いといえます。

照射におけるトラブルは、一回目は出なかったのに、2回目や3回目で表れてしまうこともあります。また、体調などによって、肌荒れや炎症を起こしやすくなってしまうこともあるでしょう。特に生理前や生理中は、お肌になんらかの症状が出ることも多く、それが施術に影響してしまうかもしれません。

もともとの自分のお肌の状態を知っておくことが大切です。どんなことで影響が出やすいのかなどがわかっていると、クリニックでのカウンセリング時に役立てることができるでしょう。医療脱毛では高い出力の機械で、より大きな脱毛効果を得るために施術していきます。しかし、お肌にトラブルが起こっては意味がありませんよね。出力を下げるなども可能ですから、施術前に相談してみましょう。